© 2019 日本KAIGOソフト株式会社

  • Black Facebook Icon

ISO/IEC 27001:2013 (ISMS)  登録番号: IC19J0487

A new platform

for care

KAIGOの未来をつくる、ITソリューション
 
 
 

弊社の強み

企画からサポートまで
一貫して自社で行う体制

介護現場の声に基づいた
ソフトウェア開発

介護施設に併設した
充実のテスト環境

 

KAIGO × テクノロジー

日本の高齢化・超高齢化がうたわれて久しく、今の日本はまさに介護先進国。つまり介護の業界において日本初であることは、すなわち世界初なのです。日本の伝統・文化や「おもてなし・慈しみ・いたわり」のこころが活かされた介護が、今後日本から世界へ発信されることでしょう。今後高齢化が進展し私たちの介護ノウハウが役立つと考えられるのはアジア諸国です。日本KAIGOソフトは日本のKAIGOをITという武器でさらにビルドアップし、これまでにないサービスのレベルにまで引き上げたうえでアジア諸国に伝えていきます。そして最終的に私たちが目指すこと、それは世界から介護をなくすこと。「えっ、仕事がなくなるのでは?」と思われるかもしれませんが、私たちは世界から現在イメージされるような介護がなくなることが、世界の皆さんが幸せになることだと考えています。今の介護は要介護になった状態からようやく始まる、と言っても過言ではありません。しかし、私たちが思う本当の介護は、介護を必要としない生活を続けるための手助けをするということ。つまり予防介護です。いつまでも元気で幸せに。そういう人を札幌に、日本に、世界に増やしていきたいのです。今後も笑顔あふれる社会の実現に向かって取り組みを進めてまいります。

経済産業省

「商業・サービス競争力強化連携支援事業」に認定!

グループ会社のさくらコミュニティサービスは、経済産業省より北海道で唯一、平成29年度「商業・サービス競争力強化連携支援事業」(新連携事業)の認定を受け、5ヵ年計画の介護環境(介護人材および介護現場)を革新する日本KAIGOプラットフォームの開発を弊社が行っており、介護現場のケアの質、および生産性向上のためAIを使った介護記録ソフトCare Viewer(ケアビューアー)の開発に取組んでいます。IoTなど最新のテクノロジーを介護の世界にも取り入れ「KAIGO×テクノロジー」の実現を目指しています。

AIケアプラン作成・介護記録ソフト[ケアビューアー]開発中

 

採用情報

ものづくりに関わっていただく仲間を募集します!私たちのメンバーの多くは北海道出身。地元で働きたいという方、あるいは札幌に移住したいという方!「KAIGO×IT」という新たな領域で、もっと自分の可能性を試してみたい、そんな挑戦する心と探究心で介護の未来を切り拓いてみませんか?

 
お気軽にご相談ください

メールでいつでもお問い合わせください。